Androidアプリ「浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)」リリース致しました!

2012/01/09

この度、Androidアプリ「浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)」を2012年1月9日にリリース致しましたのでご報告します!
 
日本に古くから伝わる謎の集団「忍者」に興味のある方、ぜひお試し下さい!
ダウンロードはこちらからできます!
 
【アプリ名】浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)
【アプリの価格】有料版 \250
【カテゴリー】写真
【デベロッパー名】Takasumi Shindo
【対応OSのバージョン】2.1 以上

20120110_1-300x0.jpg
<「浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)」について>
浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)は、日本を代表する浮世絵師の浮世絵を楽しめるアートギャラリーアプリです。
 
日本の代表的な浮世絵師、楊洲 周延(ようしゅう ちかのぶ)の代表作「千代田の大奥」107枚の作品を楽しめます。
 
浮世絵ギャラリーに加えて「千代田の大奥」の歴史や構造、身分と立場、有名な大奥の女性などの情報も楽しめます。
 
YouTubeで「千代田の大奥」浮世絵に関する動画も楽しめます!

楊洲 周延(ようしゅう ちかのぶ、天保9年8月8日(1838年9月26日) - 大正元年(1912年)9月27日)は、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師で、歌川国芳、3代歌川豊国、及び豊原国周の門人で江戸城大奥の風俗画や明治開化期の婦人風俗画などを描いて、江戸浮世絵の再来と大変な人気を博した浮世絵師です。
 
代表作「千代田の大奥」107枚は江戸時代には描くことができなかった徳川大奥を記録したシリーズ物で当時ベストセラーとなりました。将軍の正室や側室、千人ともいわれる女中たちが暮らす大奥の内情は、江戸時代には他言を禁じられていました。

明治27年から29年にかけて発行された「千代田の大奥」は江戸城大奥の年中行事や御殿女中たちの生活を描いた大判三枚続きの錦絵シリーズです。





20120110_2-300x0.jpg浮世絵を通して秘密のベールに包まれていた大奥の栄華をひととき垣間見た心地になることができます。

 
浮世絵初心者の方もコレクターの方も楽しめます!!
伝統的な日本芸術をお楽しみください!


浮世絵データは、代表作「千代田の大奥」107枚の作品が含まれています。
 
作品名 一覧
琴 富禄久 茶の湯 お召かへ お庭あるき お庭の夜桜 お櫛あげ
かるた 吹上の夕富士 山里のお茶や 月見之宴 狆のくるひ 猿若狂言 神田祭礼上覧 花菖蒲
茶の湯廻り花 観菊 鏡餅曳 おさゞれ石 滝見のお茶や おたち退 お流れ ほたる 七夕 元旦二度目之御飯
入浴 初午 哥合 園中の雪 婚礼 式日局の退出 御煤掃 節分 船あそび 追ひ羽根 釈迦もふで 長刀稽古 雛拝見
 
浮世絵図鑑 (楊洲 周延 - 千代田の大奥)で伝統的な日本芸術[浮世絵]をお楽しみください!

Androidマーケット http://bit.ly/Acg3PP
ぜひお楽しみ下さい!